魅力あふれる語りによるおはなしの世界「森のおはなし会」開催@相模原市緑区:橋本図書館

シェアする
写真はイメージです

 物語を語り聞かせる「森のおはなし会」が6月12日(日)、橋本図書館(橋本3の28の1/ミウィ橋本6F)のグループ読書室で開催される。時間は午前10時30分から30分程度。定員10人で当日先着順。

「読むのとはまた違った、魅力あふれる語りによるおはなしの世界をお楽しみください」という今回のおはなし会。語り手は月2回、同館で読み聞かせ会を行っているサークル「おはなしの森」。日本と世界の昔話や名作を耳で楽しむことが出来る。当日語られるのは、日本の昔話「かにかにこそこそ」、トリニダード・トバゴに伝わる話「ヤギとライオン」、そしてエリナー・ファージョンの「小さいお嬢さまのバラ」の3作品。

 これまで同館では年に1回、物語を語り聞かせるイベント「大人のためのおはなし会」を開催していたが、「年に1回だとその季節だけしか読めない本など、読める本の種類が限られてしまう」という声が多く上がり、代わりに今回のイベントを企画した。同館の職員は「絵本を見せながら聞かせるものとは違い、純粋に言葉だけの語り聞かせは、情景なども想像しながら楽しむことが出来る。是非来てみてほしい」と話す。

  • 今後は6月のほかに、9月、12月の開催を予定している。おはなし会の問い合わせは同館【電話】042・770・6600へ。

住所

神奈川県相模原市橋本3の28の1 ミウィ橋本6F

問い合わせ

橋本図書館

電話

042-770-6600

042-770-6600

公開日:2022-06-09

関連タグ