昭和の暮らしを再現!企画展「のぞいてみよう昔のくらし」@川崎市大山街道ふるさと館

シェアする
画像はイメージです

 懐かし昭和の家具や道具を集めた「のぞいてみよう昔のくらし」が6月18日(土)から、川崎市大山街道ふるさと館(高津区)で開かれる。主催は川崎市市民ミュージアム(小沢正勝館長)。

白黒テレビなど懐かしい生活道具約50点

 展示は、「手作業の時代」「家電の普及と家事の変化」「便利さを求めて」の3つをテーマに構成され、昭和から平成の暮らしの変化を生活道具を通して紹介。三種の神器と言われた白黒テレビ、初期の電気洗濯機、電気冷蔵庫など、懐かしい生活道具など約50点が展示される。

 時間は午前10時から午後5時。観覧は無料。

 問い合わせは川崎市市民ミュージアム【電話】044・754・4500。

開催日

2022年6月18日(土)~2022年8月28日(日)
午前10時~午後5時

住所

神奈川県川崎市高津区溝口3-13-3 大山街道ふるさと館

展示室

費用

観覧無料

問い合わせ

川崎市市民ミュージアム

電話

044-754-4500

044-754-4500

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-06-21

関連タグ