相模原市民ギャラリーで戦後77年「声なき声」に迫る120点 江成常夫作品展「被爆-ヒロシマ・ナガサキ」

シェアする
【上】惨禍の記憶を告げる原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)【下】合路豊吉さんが被爆時着ていた国民服=相模原市提供

 生涯を通じて常に「戦争」をテーマに活動を続ける相模原市内出身・在住の写真家・江成常夫さん(85)の作品展「被爆-ヒロシマ・ナガサキ」が7月30日(土)から8月21日(日)まで、相模原市民ギャラリー(相模原駅・セレオ相模原4階)で開催される。午前10時から午後6時(水曜休)。無料。

 江成さんが2005年から19年にかけて広島平和記念資料館や長崎原爆資料館、被爆した建造物などに足を運んで撮影した、被爆者の遺品や遺構を収録した写真集『被爆 ヒロシマ・ナガサキ いのちの証』(小学館)の中から、市に寄贈された120点を展示。

 モノの細部に宿る「声なき声」に迫る作品の数々は、移り変わる風景に潜む犠牲者の魂を浮かび上がらせている。同展の企画担当者は「戦後77年を迎えた今日にいま一度、『平和』について問い直す機会になれば」と話している。

江成さんギャラリートーク(要予約)

 江成さんが作品について語るギャラリートークは、8月6日(土)の午後2時から3時30分に実施。定員30人(先着順・事前に同ギャラリーへ電話で申し込み)。当日の様子は後日、会場やオンラインで公開される。申し込み・問い合わせは【電話】042・776・1262。

開催日

2022年7月30日(土)~2022年8月21日(日)
10時から18時まで(水曜休)

住所

神奈川県相模原市中央区相模原1丁目1−3 セレオ相模原4階

費用

無料

問い合わせ

相模原市民ギャラリー

電話

042-776-1262

042-776-1262

公開日:2022-08-01

関連タグ