俳優・井上弘久さん「朗読演劇の夕べ〜カリンバによる弾き語り〜」公演@相模原市中央区:メイプルホール

シェアする

PR・イベントは終了しました。

舞台で演じる井上さん=宮内勝氏撮影

 相模原市中央区千代田在住の俳優・井上弘久さん(69)が独演する「朗読演劇の夕べ〜カリンバによる弾き語り〜」が8月6日(土)、メイプルホール(千代田2の2の15)で上演される。午後3時30分開場、4時開演。チケットは一般2500円、学生2000円(どちらも税込)。

 井上さんがカリンバなどの楽器を奏でながら文学作品を朗読。劇中の登場人物をすべて1人で演じる。今年2月、九州・小倉で初めて行った弾き語りの公演を、長年住んでいる相模原でも希望し、実現に至った。

奏でられるカリンバ

 2部構成で、第1部は宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』、第2部は石牟礼道子の『椿の海の記・抄』を上演。井上さんは、「私たち人間は今、行き詰まりを感じている。宮沢賢治と石牟礼道子は『世界は人間たちだけのものではない』と気付かせてくれる代表格」と話す。

 予約、問い合わせはメイプルホール【電話】042・751・5011。

開催日

2022年8月6日(土)
15時30分開場、16時開演

住所

神奈川県相模原市中央区千代田2の2の15

費用

一般2500円、学生2000円(どちらも税込)

問い合わせ

メイプルホール

電話

042-751-5011

042-751-5011

公開日:2022-08-02

関連タグ