装飾されたひょうたんが並ぶ「ひょうたんアート作品展」相模原市の相模田名民家資料館で9月18日まで

シェアする

PR・イベントは終了しました。

【上】色とりどりのひょうたんが並ぶ作品展【下】ひょうたんの皮をくりぬいてランプシェードにした作品=8月18日、相模田名民家資料館

 装飾されたひょうたんが並ぶ「ひょうたんアート作品展」が、9月18日(日)まで相模田名民家資料館(田名4856の2)で開催されている。
 主催はひょうたんアート愛好者が集う田名ひょうたん会(伊藤直和会長)。まるで陶器のような漆塗りのものや、皮をくりぬいてデザインしてランプシェードにするなど、さまざまな工夫が凝らされた作品およそ90個が一堂に会する。

 2015年に結成した同会では、一部のメンバーが田名北小学校近くに畑を借りてひょうたんを種から育て、理想の形に仕上げて作品にしているという。手塩にかけて育てた実は最大で2m70cmにもおよび、今回の作品展で披露されている。

 同館での作品展は5年ぶり2度目。「大々的に行うのは久しぶり。ご来館をお待ちしています」と呼びかけている。開館は毎週木、金、土、日曜日の午前10時から午後4時まで。入場無料。問い合わせは【電話】042・761・7118。

開催日

2022年9月1日(木)~2022年9月18日(日)
毎週木、金、土、日曜日 10時から16時まで

住所

神奈川県相模原市中央区田名4856−2

費用

入場無料

電話

042-761-7118

042-761-7118

公開日:2022-09-04

関連タグ