カルッツかわさきで「ボトルキャップでアート」の力作を展示中【9月11日まで】使われたキャップは寄付に

シェアする

PR・イベントは終了しました。

最優秀賞に選ばれた、渡田こども文化センター・渡田アロハ☆ケイキッズの作品『SDGs』

「2022ボトルキャップでアート」

 総合型地域スポーツクラブ「ファンズスポーツクラブ川崎/宮前」主催の「2022ボトルキャップでアート」の応募作品展示会が9月11日(日)までカルッツかわさき(川崎区富士見)1階プレイルームで開催中。

26点が展示中

 最優秀賞に選ばれたのは渡田こども文化センター・渡田アロハ☆ケイキッズの作品『SDGs』。縦約120センチ、横約160センチで、ボトル約2100個使った大作だ。同作品をはじめ、26点が展示されている。

ラオス・ミャンマーなどの子どもたちのワクチン接種に

 作品に使われたボトルキャップはリサイクル業者に売却し、その売却益を「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」に寄付。JCVからユニセフを通してラオス・ミャンマーなどの子どもたちのワクチン接種に役立てられる。

 同館での展示会は2回目。宮本順一朗館長は「2021年より作品は増えている。定例化できればいいと思う」と期待する。

開催日

2022年9月11日(日)
まで

住所

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4 カルッツかわさき

1階プレイルーム

公開日:2022-09-02

関連タグ