外国につながる20~30代女性の声から、地域で出来ることを考える@フォーラム南太田

シェアする

 横浜で暮らす外国につながる20代から30代の女性に仕事や生活についてインタビュー調査した結果報告を通し、地域でできることを考えるイベントが10月8日午後2時からフォーラム南太田で行われる。同所の主催。

 同所は昨年、10代までに親とともに横浜で定住を始めた中国、韓国、フィリピン、タイ、ベトナム、ペルーにつながる20代から30代の女性11人に仕事や暮らしの状況について、インタビュー調査を実施。日本で感じた言葉や地域社会、情報取得などの壁、日本人から注がれる視線、アイデンティティの葛藤などに対する思いや苦悩を率直な言葉で聞き取っている。

 イベントではインタビューを行ったノンフィクションライターの飯島裕子さんが報告を行う。その後、中区にある「なか国際交流ラウンジ」で館長を務めている中村暁晶(あき)さん、ライターで移民や難民支援に携わる望月優大(ひろき)さんとインタビュー回答者らによるトークセッション「多様なひとりひとりの声を聴く」がある。
 同所は「さまざまな課題に直面している一人ひとりの声を聴き、地域でできることを一緒に考えませんか」と来場を呼び掛ける。参加無料。定員30人。申し込み、問い合わせはフォーラム南太田【電話】045・714・5911。

開催日

2022年10月8日(土)
午後2時~

住所

神奈川県横浜市南区南太田1-7-20 フォーラム南太田

問い合わせ

フォーラム南太田

電話

045-714-5911

045-714-5911

公開日:2022-09-20

関連タグ