紙芝居で認知症予防について学ぶ「私たちに出来ること」@川崎市麻生区

シェアする

PR・イベントは終了しました。

画像はイメージです

 紙芝居で認知症予防について学ぶ講座が9月20日(火)、栗平駅近くのカフェ パウワウ(白鳥2の7の36)で開催される。午前10時30分からと、午後1時からの2回。参加無料。要事前申込み。

 主催するのは、地域の居場所の一つとして多世代の地域住民がつながる「みんなで支え合い広場」を展開する(株)SOERUTE。

 きらめき介護塾と題し、「私たちに出来ること」をテーマに、紙芝居で認知症予防について学ぶ。講師は、川崎市認知症地域支援推進員で「きらめき認知症シスター」として活動する倉石知恵美さん。なお、10月4日(火)には認知症サポーター養成講座も開催。

 定員は各回5人。参加希望者は、公式LINE(https://lin.ee/UAhiwXU)からか、電話で。申込み、問い合わせは生活支援コーディネーターの日隈さん【電話】080・7939・5135(平日午前9時〜午後5時)。

開催日

2022年9月20日(火)
1回目は10:30~12:00
2回目は13:00~14:30

住所

神奈川県川崎市麻生区白鳥2-7-36

問い合わせ

みんなで支え合い広場・日隈さん

電話

080-7939-5135

080-7939-5135

公開日:2022-09-16

関連タグ