川崎市麻生区の柿生郷土史料館で「ポスターで辿る昭和の映画」展~昭和を懐かしんで【2023年1月まで】

シェアする
川崎市麻生区の柿生郷土史料館で「ポスターで辿る昭和の映画」展~昭和を懐かしんで【2023年1月まで】
ポスターが並ぶ会場

 柿生郷土史料館(川崎市立柿生中学校内)で特別企画展「ポスターで辿る昭和の映画」が2022年10月から開催されている。

実物映画ポスターを14枚展示

 昭和20年代から30年代は「日本映画黄金期」と呼ばれるほど毎年数多くの娯楽映画が製作され、大衆に楽しまれた。特別展では、東宝、松竹、東映、日活、大映の5社が製作した、14枚の実物映画ポスターを展示。時代劇全盛の1954年公開『旗本退屈男/謎の怪人屋敷』(市川右太衛門主演)から、66年公開の『スチャラカ社員』(長門勇主演)まで、作品解説とともに、当時の雰囲気を伝える。

注目は赤木圭一郎主演のヒット作『霧笛が俺を呼んでいる』

 縦90センチ、横60センチのポスターは同館の支援委員が知人から借り受けたもの。駅等の掲示板に張り出されていたものだという。支援委員の小林基男さんは「60年には約550本の映画が製作された。その後テレビが台頭するまで大衆を引きつけた日本映画を、華やかなポスターから懐かしんでほしい」と話す。

 注目は『霧笛が俺を呼んでいる』。「和製ジェームズ・ディーン」とされながら早世した、赤木圭一郎主演のヒット作だ。吉永小百合も新人として出演している。

 展示は2023年1月22日(日)まで。開館は11月は日曜、12月は土曜。

 詳細は同館のウェブサイト。

開催日

2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)
午前10時~午後3時
【開館日】
11月6・13・20日(日曜日)
12月3・10・17日(土曜日)
1月8・15・22日(日曜日)

住所

神奈川県川崎市麻生区上麻生6-40-1 柿生郷土資料館

柿生中学校内

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-11-10

関連タグ