<事前申込受付中>前武雄市長 樋渡啓祐氏が講演 「地域のにぎわい創出と公民連携」秦野市文化会館で12月24日開催

シェアする
<事前申込受付中>前武雄市長 樋渡啓祐氏が講演 「地域のにぎわい創出と公民連携」秦野市文化会館で12月24日開催

 2006年に当時の全国最年少市長として初当選し、佐賀県武雄市の行政改革を進めた樋渡啓祐氏が12月24日(土)、秦野市文化会館(クアーズテック秦野カルチャーホール)で「地域のにぎわい創出と公民連携」をテーマに講演を行う。午後3時~4時半。入場無料。主催はタウンニュース政治の村。

 樋渡氏は武雄市長を3期途中まで務め、その間に市立病院の民間移譲や、指定管理者制度を使った365日稼働する図書館の創設など、大胆な公民連携の実践で全国的な注目を集めた。

 当日はこれからの地方自治に何が求められるのか、実体験を交えながら、一般市民や自治体職員、地方議員、まちづくり関係者らを対象に講演を行う。事前申込制。申し込み、問い合わせは同ホールへ。電話は、0463・81・1211、またはメールで、bunka@hadano-partners.jp(申し込み時に名前と参加人数を明示)へ。

樋渡啓祐(ひわたし・けいすけ)氏

プロフィール
樋渡社中代表、前武雄市長(佐賀県)。
1969年武雄市生まれ。東京大学経済学部卒業後、総務庁(現総務省)に入庁。大阪府高槻市市長公室長への出向などを経たのち同省退職。2006年、武雄市長選挙に出馬し、当時全国最年少36歳で市長に就任。ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致、市民病院の民間移譲などを手掛け、2013年4月にはTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となった武雄図書館をリニューアルオープンさせた。365日稼働、スターバックスコーヒーも入った図書館は年間来館者数約100万人、今や街づくりのエンジンとなっている。現在、地方創生に関する活動をサポートする「樋渡社中」代表を務めるかたわら、地域経済活性化支援機機構(REVIC)社外取締役や関西大学大学院客員教授などを務める。

開催日

2022年12月24日(土)
午後3時~4時半

住所

神奈川県秦野市クアーズテック秦野カルチャーホール

費用

入場無料

問い合わせ

クアーズテック秦野カルチャーホール(秦野文化会館)樋渡啓祐氏講演会担当

電話

0463-81-1211

0463-81-1211

メールアドレス

bunka@hadano-partners.jp

公開日:2022-11-11

関連タグ