【介護関係のプロフェッショナル】有限会社 七樹  代表 武笠太朗さん

シェアする
【介護関係のプロフェッショナル】有限会社 七樹  代表 武笠太朗さん

”通い・泊り・訪問” 介助する家族にも優しい3つのサービスで「個々の事情にあわせた介護」を応援!

 坂戸を拠点に介護事業を始めて今年で15年目。当初はひとりで立ち上げた居宅介護支援事業所だったが、人との関係づくりを大切にした運営方針で着実に地域に浸透。今では訪問看護ステーション、そして野川で看護小規模多機能型居宅介護施設を開設するなど3事業所を運営している。

 それでもここ数年のコロナ禍の影響は甚大といった様子。「高津区界隈の状況を鑑みても、特に2022年の上半期までは地域の行事が軒並み中止となる状況が続き『顔の見える関係づくり』が難しくなってきていると感じます。また介護事業という仕事柄、ご年配の方の中には外出しなくなったり、介護保険の利用を控えていた人たちの足腰が弱くなっているのが気になります」と武笠代表。

画像はイメージです

 そんな中「七樹」の各種介護サービスは15年目を迎え、地元に定着した感があるともいわれている。「利用者様の介護に適したプランを作成・実践する『七樹居宅介護支援センター』や、ご自宅を訪問して医療処置や日常生活を看護する『ななき訪問看護サービス』については、創業以来14年間にわたり、高津区を拠点に地域にお住まいの高齢者の方々の人生を応援してきました。これからも〝自分が生まれた場所で人生を全うしたい〟〝住み慣れた我が家で、自分らしい人生を送りたい〟といった利用者様の思いに応えるため、地域の医療機関などと緊密な連携を保ちながら、 利用者様やご家族が安心して在宅で生活していただけるよう日々介護・看護に取り組んで参ります」とも。

■看護小規模多機能型居宅介護施設「ななきナーシングホーム野川」のサービスについて

多様なニーズに対応

 「介護」とひと言でいっても、それを受ける人の年齢や健康状態、病歴など置かれている状況は様々。さらに第8波も懸念される新型コロナの感染状況などで介助する側もスケジュール調整等が難しくなる中、ニーズに応じ「幅広く柔軟に受け入れてくれる所」の重要性は日々増している。

 そんな中、「ななきナーシングホーム野川」では、小規模多機能に訪問看護が加わり、これまでは受入れ困難とされていた医療ニーズの高い人や、様々な在宅療養の支援を展開。いわゆる”通い・泊まり・訪問”の3サービスを、様態や希望に応じて自由に組み合わせて利用できる。また日中のデイサービス(おしゃべり等)からリハビリ、入浴介助等に至るまで、365日24時間の安心を地元で提供してくれるので、介助にあたる家族など周囲の人にとっても身近でありながら力強い味方として注目を集めている。利用前の見学は随時受付中(所要時間約30分/感染拡大防止のため個別相談も対応可)。ぜひ、気軽に問合せを。

中原街道「山崎」バス停から徒歩2分

「リハビリルーム」も人気に

 また天候を問わず適切な空調管理の下で室内運動可能な「リハビリルーム」への問合せも増加。感染拡大防止にこれまで以上の万全の体制を敷き利用を呼び掛けている。

マシンを用いた運動ができるのも特長的

川崎のプロフェッショナル一覧へ

住所

神奈川県川崎市高津区野川3850

問い合わせ

ななきナーシングホーム

電話

044-750-7550

044-750-7550

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-11-30

関連タグ