増えています!『ホームエレベーター』設置という選択 人生100年時代に備えて横浜市保土ケ谷区の昭和建設(株)で聞いてみた

シェアする
増えています!『ホームエレベーター』設置という選択 人生100年時代に備えて横浜市保土ケ谷区の昭和建設(株)で聞いてみた

「バリアフリー」から「フロアフリー」へ

「子どもが独立したので、日当たりのよい2階を有効に使いたい」「車椅子での生活になった」「二世帯暮らしを始めるので階段の昇り降りを楽にしたい」。本格的な超高齢化社会の到来を受け、「ホームエレベーター」の需要が高まりつつあります。

「高齢になると2階建て以上の住宅では、上階が利用されないケースが多くなります。車いすが必要な状態ではなくても、年を重ねるとともに足腰に不安があるといった理由で、2階の利用頻度が減ってしまうのです。日当たりが良い部屋も多く、使わない空き部屋にしてしまうのはもったいないですよね」。そう話すのは昭和建設(株)の代表取締役・工藤圭亮さん。

  • 「ホームエレベーターを設置することで、安心して上階を利用することができます。バリアフリーの一歩先を行く、『フロアフリー化』を実現することができるんです」と言います。

「あんな場所」や「こんな場所」を上手に活用

「我が家にはホームエレベーターなんて、設置できるスペースがないよ」。大丈夫です。収納スペースや吹き抜け、使っていない部屋、押入れ、駐車スペース、玄関、…。このようなスペースを活用して、エレベーターを設置することもできるそうです。

また、敷地に余裕があるお宅であれば、建物の外側へ設置することで、現在の間取りを変えることなく、設置することも可能です。注意したいのは、ホームエレベーターは建築基準法を満たした住宅でなければ設置できないという点。リフォームする家の「建築確認検査済証」が手元にあれば問題ありません。

どんな種類があるの?

個人住宅向けのホームエレベーターは近年、種類が増えているそうです。一般的なのは3人乗りと2人乗り。庫内が縦長のものと横長のものがあります。使用目的と設置スペースの形状に合わせて選択するといいですね。

―お施主さんに聞く―階段での転落事故を機にホームエレベーターを設置

1階のガレージからエレベーターに乗ると2階の書斎へ

宮田町に暮らす石井忠さん(82)は数年前、考え事をしながら階段を降りようとした際、足を踏み外して階段を転げ落ちてしまいました。膝や手首を骨折する大怪我を負い入院。「歩けるようになって退院する」と強い決意を持ちリハビリを始めた矢先、心臓疾患を患い手術を受けました。手術は成功しましたが、療養生活で筋力は低下してしまったと言います。

自宅は2階に玄関「もう転ぶわけにはいかない」

自宅は鉄筋コンクリート造3階建ての建物で、玄関は2階に設置されています。階段の昇り降りは必須な状況。

「もう転ぶわけにはいかない」。ホームエレベーターの設置を考え、メーカーに相談すると「まずは建設会社に相談を」と案内され、連絡したのが、古くから付き合いのある昭和建設(株)(横浜市保土ケ谷区和田)でした。

総合建設事業者だからこそ請け負える

エレベーターの設置には、屋根の吹き替えや外壁塗装、水回りの改修といった一般リフォームとは異なる技術を必要とします。昭和建設は1966年の創業以来、公共施設や大型ビルの新設・改修、耐震補強工事などを手掛けてきた横浜市内でも有数の総合建設事業者です。だからこそ、このホームエレベーターの設置に対する相談に応じることができました。

82歳、奥様と二人暮らし。希望は「車いす生活を想定し3人乗り」

現在82歳。奥様との2人暮らし。「平日に会社に出かかる際や休日に出掛ける時には階段を昇り降りしなくてはならない。将来を見据えた時に、どちらかが車いす生活となり、介護・看護が必要となることも考えて」と、「介助者を含めて3人で乗れるエレベーター」を希望しました。

まずはエレベーターを設置する場所の選定からスタート。建物外や居室内など、図面をもとにいくつもの候補を検討した結果、1階の車庫から2階の書斎に上がり、3階の寝室を改修し、エレベーターを設置することに決まりました。

場所が決まってからは、構造的に問題が無いか構造計算をし、エレベーターの確認申請を提出。設計事務所を併設する同社だからこそ、設計から施工の一貫体制が実現していることも大きな強みです。

手に入れた「安心」。仕上がりは「大満足」

「振動もないし、色合いもいい。1階のエレベーター扉にはセキュリティも設置されている。庫内には外線電話も設置されているので、万が一、停電や故障で止まってしまった場合も安心です。階段で転ぶ危険性もなくなり、将来への備えもできました。

大満足の仕上がりです。『人生100年時代』を謳歌したいですね」。

昭和建設㈱の工藤圭亮代表取締役(左)とホームエレベーターを設置した石井さん(右)

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区和田 1‐13‐21工藤ビル2階

問い合わせ

昭和建設株式会社

電話

0120-391-052

0120-391-052

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-12-26

関連タグ