コロナ禍で演奏機会を失った生徒たちによる自主企画「夢の吹奏楽コンサート」葉山南郷中出身の2人が発案

シェアする
コロナ禍で演奏機会を失った生徒たちによる自主企画「夢の吹奏楽コンサート」葉山南郷中出身の2人が発案
全体練習にも力が入る=昨年12月

 演奏からステージ設営、運営まですべてを現役高校生が手掛ける「夢の吹奏楽コンサート」が2月23日(木)、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットで開かれる。テーマは「高校生よ、今こそ吹奏楽で青春を創れ」。コロナ禍で演奏機会を失った生徒たちによる自主企画で、「観客を前に演奏する」ことの喜びを噛みしめながら舞台に上がる。

 「これまでは地域のイベントなど月に数回、演奏の機会があったが、それもほとんどなくなってしまった」。コンサート発起人の高校3年生、小森谷拳太郎さん(=人物風土記で紹介=横須賀総合高)と松本一星さん(横浜創英高)はそう話す。葉山町立南郷中学校の吹奏楽部出身の2人。新型コロナによる休校があった時期に高校へ入学し部活動の練習制限のほか、コンクールも中止になった。

 

 「学生生活に心残りがあった。最後に思い出を作りたい」と、”高校生だけ”のステージ企画を発案したのが昨年10月。実行委員会を立ち上げ、すぐに会場を確保。人づてに声を掛けると、スタッフを含めて70人超が集まった。主に横須賀・逗子・葉山・三浦・横浜の高校生で、そのうち半数以上が3年生。「ひとつのステージをみんなで作りたいという思いを共有する仲間。音楽は聴いてくれる人がいて成り立つもの。高校生活の集大成にしたい」と楽団長・指揮を務める小森谷さん。アルトサックスの松本さんは奏者をまとめるコンサートマスターに就いた。

 演奏プログラムは、吹奏楽オリジナル曲やポップスなど思い入れのある数々を並べた。「舞台のメインとなるような曲も多くて選曲には悩んだ」と松本さん。来年度のコンクール課題曲や世界初演となる楽曲もあり、「1回限りのステージを会場の全員と楽しみたい」と2人は声を揃えた。当日は、地元の中学生によるプレ演奏の時間も設けるという。

3年間の集大成 

 参加者には受験を控えた生徒もおり、全体での練習は数回ほど。演奏やステージ運営だけでなく、案内チラシやロゴの制作、広報、チケット販売まで自分たちで手掛けている。今回のコンサートには、生徒だけで企画し、発表する場を今後も繋いでほしいという思いを込めて「#1 mov」と付けた。「楽器はこの先も続けられるけれど、学生だけの『吹奏楽』は、振り返れば貴重な体験になるはず。ステージに向かう高校生の”本気”を応援してほしい」

 当日の開場は午後4時30分、5時30分開演。チケットは一般2500円、学生1500円、高校生以下1000円。販売サイト(【URL】https://teket.jp/4900/16867)で取り扱っている。残数わずかとなっており予定枚数に達し次第、受付終了。

発起人の松本さん=写真右=とコラボ

開催日

2023年2月23日(木)
午後4時30分 5時30分開演

住所

神奈川県横須賀市ベイサイドポケット

費用

チケット:一般2500円 学生1500円 高校生以下1000円

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2023-01-26

関連タグ