川崎市石川記念武道館<幸区>のイメージキャラクターが「石川武」に決定!鎌倉市在住の吉川和花さんの作品

シェアする
川崎市石川記念武道館<幸区>のイメージキャラクターが「石川武」に決定!鎌倉市在住の吉川和花さんの作品
作品を手に笑顔の吉川さん=本人提供

2026年3月まで活用

 武道に親しみを持ってもらおうと川崎市石川記念武道館(幸区下平間)が募集していたイメージキャラクターがこのほど決定した。最優秀賞は鎌倉市在住の吉川和花さん(23)の作品「石川武(たける)」。作品は2026年3月まで武道館関係の印刷物やイベント時の案内などで活用される。

武道を親しみやすく

 高橋創一館長によると、武道は他のスポーツに比べると、「厳しいイメージ」など、始めるにあたってハードルが高いため、キャラクターを設定することで親しみやすさと手軽な感じを出したかったという。そこで同館は2022年12月15日から1月31日までイメージキャラクターを公募。17作品の応募があった。最優秀賞に選ばれた吉川さんの「石川武」は、特定の武道をイメージさせるものではなく、どの武道にも通じる点が評価された。

友だちみたいなキャラクターを

 胸のマークは石川記念武道館の「石」と「川」をモチーフにしている。「一緒にやってみよう!」と言ってくれる友だちみたいなキャラクターを目指したという。「楽しいこと、好きなことも嫌になる瞬間が来ると思う。そんな時、もうちょっとやってみようかな、とりあえず石の上に座っておこうかなと思えれば」と石の上にも3年という意味も込めた。制作期間は約2週間。初日にデザインをおおむね完成させ、残りは色味などの細かな調整をしていった。全体のバランスや「石」と「川」のモチーフをつくるのに苦労したという。

 吉川さんは受賞に際し、「好きな事を生かすチャンスをもらえたことはありがたい。うれしいと同時にびっくりした」と喜びをコメントした。

 2月26日(日)には石川記念武道館で午前9時から吉川さんの他、入賞者を対象にした表彰式が行われた。

応募作品は3ヶ所で展示

 応募作品は3月中は石川記念武道館、4月1日(土)、15日(土)に幸スポーツセンター、17日(月)から28日(金)に幸区役所1階ロビーで展示される。

 

開催日

2023年3月31日(金)
まで
【石川記念武道館】での展示期間です

2023年4月1日(土)~2023年4月15日(土)
【幸スポーツセンター】での展示期間です

2023年4月17日(月)~2023年4月28日(金)
【幸区役所1階ロビー】での展示期間です

住所

神奈川県川崎市幸区下平間357 石川記念武道館

■幸スポーツセンター(戸手本町1-11-3)
■幸区役所(戸手本町1-11-1)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2023-03-02

関連タグ