旧吉田茂邸を考えるシンポジウム「市民にとって再建することの意味とは」

このイベントは開催・申込を終了しました

旧吉田茂邸を考えるシンポジウム「市民にとって再建することの意味とは」

旧吉田茂邸

 「よみがえった旧吉田茂邸〜市民にとって再建することの意味とは」をテーマにしたシンポジウムが、大磯町で12月10日(日)に開かれる。湘南邸宅文化ネットワーク協議会、大磯まちづくり会議主催。
 工学院大学教授の後藤治さんが基調講演を行い、パネルディスカッションでは同町参事(歴史・文化担当)の佐川和裕さんら4人の有識者がパネリストとして意見を交わす。
 大磯城山公園の旧吉田茂邸地区管理棟で午後1時30分から4時30分(1時開場)。参加費500円。先着60人。申し込みは往復はがきまたはメールで開催前日の9日までに住所、氏名、連絡先を伝える。
 問い合わせは大倉さん【携帯電話】090・1796・2102。
宛て先/〒259―0102中郡大磯町生沢969の3大磯まちづくり会議【メール】oiso.machidukuri@gmail.com

開催日

2017年12月10日(日)

住所

神奈川県中郡大磯町大磯城山公園旧吉田茂邸地区 管理棟 

費用

500円
資料代等

問い合わせ

大磯まちづくり会議・大倉さん

電話

090-1796-2102

090-1796-2102

関連記事

注目