生き物の「目」を観察ーふれあい科学館で企画展開催中@相模原市中央区水郷田名

シェアする
生き物の「目」を観察ーふれあい科学館で企画展開催中@相模原市中央区水郷田名
ヨザルを観賞する親子

 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら(中央区水郷田名)で、特別企画展「いきものたちの目」が開催されている。3月3日(日)まで。

 生き物によって世界の見え方は異なるということを知ってもらおうと、「目」と「見る能力」をメインテーマにした企画展。左右の目が別々に動くエボシカメレオン、白黒の世界を見ているとされるヨザル、多くの色を識別できるオカメインコ、3つの目を持つグリーンイグアナなど25種150点の生物を展示している。同館の担当者は「生き物の目を通して見た世界は、自分たちが当たり前だと思って見ている世界とは違う。想像することで自分の世界を広げてほしい」と話す。

問い合わせは同館【電話】042・762・2110(月曜休館)。

<相模川ふれあい科学館のレポートはこちら>

開催日

2024年3月3日(日)
まで

住所

神奈川県相模原市中央区水郷田名1丁目5−1

問い合わせ

相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら

電話

042-762-2110

042-762-2110

月曜休館

公開日:2024-01-30

関連タグ