洋画家 三岸節子の企画展「三岸節子と大磯」生命力ある花をモチーフに@大磯町郷土資料館

シェアする
洋画家 三岸節子の企画展「三岸節子と大磯」生命力ある花をモチーフに@大磯町郷土資料館
23.11.23_大磯町郷土資料館_アトリエ60周年_A4

 洋画家の三岸(みぎし)節子(1905年―99年)が大磯にアトリエを開設して60年を記念した企画展「三岸節子と大磯」が1月27日(土)〜2月25日(日)、大磯町郷土資料館企画展示室で開催される。午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)。

 三岸節子は愛知県中島郡小信中島村(現・一宮市)生まれ。1947年には女流画家協会の創立に発起人として参加したほか、94年には女性洋画家として初の文化功労者に選ばれた。

 大磯にアトリエを構えたのが1964年。一時活動の場をフランスに移した後、帰国後の1990年代以降は大磯を拠点として画業を続けた。同展では三岸節子の業績、人柄や大磯の暮らしぶりについても紹介する。

 2月4日(日)には、三岸節子の孫・三岸太郎氏と一宮市三岸節子記念美術館学芸員の野田路子氏による対談を同館研修室で実施。定員60人で申込不要。午後1時30分〜。

(問)大磯町郷土資料館【電話】0463・61・4700。2月12日除く月曜、2月1日、13日休館

開催日

2024年1月27日(土)~2024年2月25日(日)

住所

神奈川県中郡大磯町西小磯446−1 大磯町郷土資料館

問い合わせ

大磯町郷土資料館

電話

0463-61-4700

0463-61-4700

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2024-02-01

関連タグ