<参加者募集>明治大学・山田教授と小林エリカさんとの「風船爆弾」めぐる対談【5月25日】@多摩区

シェアする
<参加者募集>明治大学・山田教授と小林エリカさんとの「風船爆弾」めぐる対談【5月25日】@多摩区

企画展「日本が戦争になったとき」の特別イベント

 明治大学平和教育登戸研究所資料館(多摩区)は5月25日(土)、同大文学部教授の山田朗館長と、小説家でアーティストの小林エリカさんとの対談「『女の子たち風船爆弾をつくるThe Paper Balloon Bomb Follies』をめぐって」を、同大生田キャンパスメディアホールとオンラインで開催する。第14回企画展「日本が戦争になったとき―軍拡の時代と秘密戦―」の特別イベントだ。

 同キャンパスに存在した旧日本陸軍登戸研究所は、1937年に「電波兵器」の実験施設として開設され、太平洋戦争での秘密戦のための武器研究・製造機関として終戦まで機能した。

 2023年11月から続く企画展は、日中戦争前の日本の「軍拡路線」を背景に、登戸研究所が果たした役割を概説し、防衛費の増額が続く今の日本の状況を問いかける内容。

 小林さんは、近著『彼女たちの戦争 嵐の中のささやきよ!』の中で、登戸研究所で製造された「風船爆弾」の作業員の存在を紹介し、5月にも風船爆弾をモチーフにした著書を発表する。山田館長は「1930年代と今の日本の状況に重なる部分が多く、『風船爆弾』をテーマにした著作の出現にも時代の空気を感じる」と語る。

オンライン参加も

 参加無料。午後1時〜3時。オンライン参加は、表題に「5月25日対談オンライン申込」と記し、【メール】noborito@mics.meiji.ac.jpで事前予約を。

 詳細は同館【電話】044・934・7993。

開催日

2024年5月25日(土)
午後1時~3時

住所

神奈川県川崎市多摩区東三田1-1

費用

参加無料

問い合わせ

明治大学平和教育登戸研究所資料館

電話

044-934-7993

044-934-7993

メールアドレス

noborito@mics.meiji.ac.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2024-05-14

関連タグ