横浜赤レンガ、いちごづくしの11日間。試食やスイーツ、いちごグッズも集結

シェアする

このイベントは終了しました。

今回初出店の「果汁工房 果琳『果肉ゴロゴロいちごジュース』」税込500円

ブランドいちごの無料サンプリングや、スイーツから雑貨まで揃う「いちごマーケット」が人気の「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2018」。開館15(いちご)周年を迎えた横浜赤レンガ倉庫で2月2日(金)から12日(月・祝)の11日間に渡り開催されます。

2018年で開催6回目。昨年は19万人が来場した人気イベント

ブランドいちご4種を配布

毎年好評のいちご無料サンプリング、今年は2017年にデビューした千葉県の新品種「チーバベリー」はじめ、日替わりで4種類が配布されます。各いちごの配布日にはマスコットキャラクターも登場します。

なめらかでジューシーな食感の「スカイベリー(栃木県)」

  • チーバベリー(千葉県/配布日:2日、7日、9日)
  • とちおとめ(栃木県/配布日:10日)
  • ふくはる香(福島県いわき市/配布日:3日、4日)
  • スカイベリー(栃木県/配布日:12日)

各日先着でなくなり次第終了のため、お目当てのいちごがある人はHPで限定数のご確認を。

過去最多20店のいちごマーケット

今年初出店の「ガトーよこはま『イチゴチーズケーキ』」税込480円

会場の特設テントでは、フードから雑貨までいちごづくしのマーケットを開催。老舗から新感覚スイーツ、かわいいいちごグッズなど、初出店2店含め過去最多の20店舗が集まります。また横浜市内のいちご農家による出張直売所も不定期で開催。朝採れの新鮮ないちごを届けてくれます。

同時開催“いちご熱気球”が登場

今年は開館15周年を記念してストロベリーフェスティバル開催期間中の2月5日(月)から7日(水)の3日間、いちごの熱気球搭乗体験が行われます。会場は横浜赤レンガ倉庫隣の新港地区7街区特設会場。天候に恵まれれば、上空20メートルからみなとみらいの景色を眺められます。

いちご柄の気球(写真は別会場のもの)

開催日

2018年2月2日(金)~2018年2月12日(月)
平日11時~18時(土日祝日は10時30分~) ※雨天決行、荒天時は休業することがあります。

住所

神奈川県横浜市中区新港1-1 横浜赤レンガ倉庫

イベント広場特設テント

費用

入場無料(飲食代別途)
気球は6歳以上1000円、3歳以上500円、3歳未満無料。
※気球は各日9時から12時で最大120人。天候や風の影響で中止の場合もあります。

問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫

電話

045-227-2002

045-227-2002

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-02-05

関連タグ