障害者らの芸術・音楽の祭典「つづきアート&ミュージック・ネクスト」

シェアする

このイベントは終了しました。

児童が作ったユニークな掃除機と説明パネル

 障害児・者らの芸術作品や音楽演奏の祭典、「つづきアート&ミュージック・ネクスト」が2月10日(土)から都筑区内の各施設で行われる。主催はつづき地域活動ホームくさぶえ、同イベント実行委員。

 くさぶえは障害児・者やその家族らを対象に相談支援や日中活動など生活全般をサポートする拠点。今回、地域交流事業の企画として同イベントを開催する。

 アート部門は都筑民家園(10〜12日)、市歴史博物館(17日)、ポポラ(17日、20〜23日)、くさぶえ(22〜28日)の4カ所で実施。個性的な作品や絵画、書道などを展示する予定。

 ミュージック部門は17日、市歴史博物館講堂で行われる。午後1時半開演で3時45分頃終了。個人・団体が和太鼓やしの笛、喜劇など10演目を披露する。また、バンジョー奏者の原さとしさんがゲスト出演。

 各部門入場無料。イベントの詳細はつづき地域活動ホームくさぶえ【電話】045・590・5778。

障害者の絵画作品

 

開催日

2018年2月10日(土)~2018年2月28日(水)

住所

神奈川県横浜市都筑区牛久保東1丁目33-1

問い合わせ

045-590-5778

公開日:2018-02-08

関連タグ