多摩市・市民防災講演会「災害時の母子を守る」

シェアする

このイベントは終了しました。

講師の吉田穂波氏

 災害時に、妊産婦や乳幼児を守るために、家族は何を準備し、地域はどうのように支援をすれば良いのか――。災害に強いまちづくりを考える市民防災講演会が2月25日(日)、午後1時〜4時30分、関戸公民館ヴィータホールで開催される。入場無料。
 多摩市防災安全課が主催する同講演会。テーマは「災害時の母子を守る〜家族で守る、地域で守る〜」。当日は2部構成で行われ、第1部では、東日本大震災の際に宮城県で妊産婦・乳幼児の支援プロジェクトに奔走するなどの経験を持ち、産婦人科医師で神奈川県立保健福祉大学准教授の吉田穂波氏を迎え、「災害時に向けて今からできること〜みんなで子どもたちを守れるような地域づくり」をテーマに基調講演が行われる。第2部では、パネルディスカッションも予定されている。
 当日は、子ども連れでの参加も可。市内在住・在勤・在学の人が対象で定員は200人。聴講希望者は直接会場へ。
 問い合わせは、市防災安全課【電話】042・338・6802へ。

開催日

2018年2月25日(日)

住所

東京都多摩市関戸公民館

問い合わせ

多摩市防災安全課

電話

042-338-6802

042-338-6802

公開日:2018-02-14

関連タグ