春の訪れ告げる「マンサク」が見頃@相模原公園

シェアする
不思議な形の花が目を引く「マンサク」=2月17日撮影

 県立相模原公園(相模原市南区下溝3277)では、「春の訪れを告げる花木」と言われる「マンサク」が花を咲かせ、見頃を迎えている。

 まだ冬の名残を感じる、木々の芽吹きも始まらない早春に花を咲かせる同花。開花期が早いことから「まず咲く」や「真っ先」が変化し、この名が付いたとも。同園では、2月いっぱい楽しめる見込み。

 併せて同園では、「カンザクラ」や「カワヅザクラ」が蕾を膨らませており、順次開花していく見通しで、今年も様々な種類の桜が訪れる人々を楽しませてくれる気配だ。加えて、同園内にある大温室・サカタのタネグリーンハウスでは「ヒスイカズラ」も開花する見込み。

 問合せは、同園管理事務所【電話】042・778・1653へ。

住所

神奈川県相模原市相模原公園

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-02-23

関連タグ