懐かしいものばかり!大磯で「ちょっと昔の暮らしと道具」展開催中

シェアする

このイベントは終了しました。

昭和にタイムスリップ

 大磯町郷土資料館(西小磯446の1)で3月31日(土)まで、企画展「ちょっと昔の暮らしと道具」が開催されている。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)まで。入館無料。
 かつてはありふれた生活の道具だったが、時代の変遷と共に使われなくなったもの、姿形を変えながら現在も使われているもの。企画展では同館の収蔵品から、昭和30年代前後を中心に昭和初期から現在までの身近な道具約100点を展示して「ちょっと昔の暮らし」を紹介する。3月11日(日)午後1時30分からは学芸員による展示解説、3月18日(日)午前10時からと午後2時からは道具の使用体験を実施。担当学芸員の川邉絢一郎さんは「『ちょっと昔』は世代によって感じ方が違うもの。幅広い世代に見て頂いて、思い出などを語り合ってもらえれば」と話している。
 秦野市から来館した70代の女性は「どれも家にあったものばかりよ」と当時を懐かしんでいた。

開催日

2018年2月3日(土)~2018年3月31日(土)
入館は16時30分まで 休館日:毎週月曜日、3月1日(木)

住所

神奈川県中郡大磯町大磯町郷土資料館

電話

0463-61-4700

0463-61-4700

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-02-26

関連タグ