ふたり猫展~羊毛フェルトと銅版画の世界~@横浜タカシマヤ

シェアする

このイベントは終了しました。

あべさんのフェルト作品

 カラフルであたたかみ溢れる猫のフェルト作品と、猫の愛おしさを表現した緻密な銅版画のコントラストが斬新な「あべかずこ・佐藤恵美・ふたり猫展〜羊毛フェルトと銅版画の世界〜」が2月27日(火)まで横浜高島屋(横浜市西区南幸1の6の31)で開かれている。7階正面エスカレーター横特設会場で、午前10時から午後8時まで(27日は5時まで)。入場無料。
 それぞれ猫をモチーフに作品づくりに励む二人によるこの展示は、今回で3回目。以前秦野に住んでいた猫の木工像作家・小嶋伸さん=長野県=を通じて、秦野市東田原在住のフェルト作家・あべかずこさん=人物風土記で紹介=と、銅版画家の佐藤恵美さん=千葉県=が出会い、2年前から毎年ふたり展を開くようになった。肉球が付いた猫の足のケースや、三毛猫・トラ猫柄のイス、あべさんの飼い猫みーにゃをモデルに佐藤さんが描いた作品もあるという(あべさんの猫みーにゃをモチーフにした佐藤さんの銅版画=写真下)。
 展示に関する問い合わせはあべさんgatosylana@yahoo.co.jp、会場については横浜高島屋【電話】045・311・5111へ。

開催日

2018年2月21日(水)~2018年2月27日(火)
最終日は17時まで

住所

神奈川県横浜市西区南幸1丁目6番31号

公開日:2018-02-23

関連タグ