都築民家園で「ひな祭りウィーク」開催中。約8000個のつるし雛は圧巻!

シェアする

このイベントは終了しました。

古民家内にはカラフルなつるし雛が、約8000個も展示されている

 都筑民家園(大棚西)の古民家内では現在、ひな祭りに合わせて色鮮やかなつるし雛が飾られている。

 子どもの健やかな成長を願い作られるつるし雛。同園スタッフ7人が毎年、自宅などから持ち寄った古い着物の布を使い作成。これまで12年分、約8000個の展示は圧巻だ。また、明治から平成までの珍しい雛飾りや竹・古布で作った同園のジオラマも展示中。

 つるし雛が見られる「ひな祭りウィーク」は3月4日(日)まで開催。時間は午前10時から午後4時半まで。入場無料。(問)同園管理運営委員会【電話】594・1723

開催日

2018年2月20日(火)~2018年3月4日(日)
10時から16時30分

住所

神奈川県横浜市都築民家園

費用

入場無料

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-02-27

関連タグ