アール・ド・ヴィーヴル作品展示@ダイナシティウェスト

アール・ド・ヴィーヴル作品展示@ダイナシティウェスト

 改装中のダイナシティウエスト(中里)に、アートで華やかに彩られた空間が出現した。1階の食品売り場の一角、仮囲いの壁一面に展示されているのは、NPO法人アール・ド・ヴィーヴル(萩原美由紀理事長)のメンバーによる作品だ。
 アートを中心とする創作活動を通し、知的障害がある人の自立を応援する同法人。市内久野の事業所で、絵画や織物、造形、陶芸、作品をモチーフにしたグッズ製作などで利用者の就労支援を行っている。
 最近は企業や商店街からの依頼で壁画アートにも取り組んでいるメンバーたち。今回はダイナシティから依頼を受け、同法人のアートディレクターで美術家の中津川浩章さんの指示のもと、スタッフらが7歳から40代のメンバー20人の作品約100点を展示した。中には横1m、高さ3mにもなる合同作品もある。
 「改装中、お客様に楽しんでいただけたら」とダイナシティの新保克紀支配人。萩原さんは「一人ひとり個性が違うので、作品もバラエティ豊かです。癒しの空間を提供できたらうれしいです」と話している。

開催日

2018年3月6日(火)~2018年5月31日(木)

約3カ月間を予定

住所

神奈川県小田原市中里208

問い合わせ

0465-49-8111

関連記事

人気記事

注目