小田原・国道1号線に佇む祇園しだれ桜 庭師・佐野藤右衛門が京都から移植

シェアする

樹齢約50年の祇園しだれ桜が国道一号線沿いに咲き誇ります。庭師・佐野藤右衛門により京都から、どら焼き屋  菜の花(和菓子屋)の敷地内に移植されたもので、見事な枝ぶりが道行く人の目を楽しませます。

その場で和菓子を頂けるスペースもあるので(お茶のサービスあり)、和菓子とお茶を頂きながら眺めるのもおススメです。

行こうよ小田原ページへ

住所

神奈川県小田原市本町

公開日:2020-02-26

関連タグ