日本さくら名所100選「三ツ池公園」桜78品種が順次4月下旬まで楽しめる「宴会は自粛を」(横浜市鶴見区)

シェアする
水の広場すぐ上の池で咲く早咲きの桜=2021年3月18日撮影

さくら名所100選にも選ばれている県立三ツ池公園で、ソメイヨシノが間もなく見ごろを迎えそうだ。公園によると、開花から1週間で満開となるのが通常とのことで、「今週末が見ごろでは」と話している。一方、緊急事態宣言解除後も、園内では飲食をともなう宴会の自粛を呼びかけており、「引き続き感染対策のうえ、散策のみで楽しんでもらえれば」としている。(2021年3月25日現在)

満開となったソメイヨシノの花びら(2020年3月24日撮影)

三ツ池公園は、2月中旬ごろから咲く寒桜を皮切りに、広い園内で78品種1600本の桜が咲く名所となっている。

2021年も早咲きの横浜緋桜などが満開を迎えており、ソメイヨシノは今週末に見ごろとなる予想だという。

濃いピンク色がきれいなヨコハマヒザクラ(2020年3月24日撮影)

2021年もまつりは中止

例年開花時期に合わせ、3月中旬から4月中頃まで行っている「さくらまつり」は、新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続き中止となっている。

園内西側・花の広場奥のソメイヨシノ(2020年3月24日撮影)

スタッフによると、主催や関連イベントなども軒並み中止となっているが、園内は混雑するときも多いとし、公園という不特定多数が訪れる場所での感染対策の難しさを痛感しているという。

「感染対策を考えると悩ましいが、開けている以上は断るわけにもいかない。一人ひとりに委ねる部分が大きい」と同公園。桜の時期が本番を迎える中、引き続き園内での宴会などは自粛を周知していく考えだ。

住所

神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1

JR新横浜駅または鶴見駅からバス「三ツ池公園北門」下車徒歩約3分/北門、正門にそれぞれ駐車場あり(一部期間除き有料)

問い合わせ

神奈川県立三ツ池公園 公園管理事務所

電話

045-581-0287

045-581-0287

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-26

関連タグ