横浜開港の歴史に思い馳せる桜名所「掃部山(かもんやま)公園」

横浜開港の歴史に思い馳せる桜名所「掃部山(かもんやま)公園」

井伊直弼像がみなとみらいを見渡すように建つ(2018年3月29日撮影)

横浜・みなとみらいエリアの桜名所「掃部山(かもんやま)公園」は、約200本の桜が咲き、シーズンには周辺のオフィスワーカーのお花見客などで賑わいます。神奈川県立音楽堂や青少年センターなどがある紅葉ケ丘の高台で、横浜ランドマークタワーなどのビル群が見渡せます。

横浜開港の歴史に思い馳せる桜名所「掃部山(かもんやま)公園」

お花見にぴったりな銅像広場(2018年3月29日撮影)

みなとみらいを見下ろすように建つ銅像は、横浜開港に貢献した井伊直弼の記念碑です。旧彦根藩士の有志らが「掃部頭(かもんのかみ)」と呼ばれた井伊の功績を称えるため建立されました。当初の銅像は昭和18年の金属回収によって撤去されましたが、昭和29年横浜市によって再建されました。

横浜開港の歴史に思い馳せる桜名所「掃部山(かもんやま)公園」

掃部山の歴史を伝える案内板

住所

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57 掃部山公園

JR桜木町駅より徒歩15分

問い合わせ

横浜市西区土木事務所

電話

045-242-1313

045-242-1313

関連記事

注目