須賀神社のしだれ桜が見頃に。3月25日には「さくらカフェ」開催

このイベントは開催・申込を終了しました

須賀神社のしだれ桜が見頃に。3月25日には「さくらカフェ」開催

満開も間近のしだれ桜=3月19日撮影

 川崎市多摩区生田地区で桜の名所として知られる須賀神社(栗谷3の18の5)の「しだれ桜」が現在、見頃を迎えている。境内いっぱいに広がった枝から花々が垂れ下がる壮大な姿に、訪れた人たちは見上げるようにして足を止めていた。

 樹齢45年ほどというこの桜は、高さ約15メートル、幹周りは約2メートル。神社の氏子や近所の住民らで手入れをしており、添え木や夜間の電灯の管理などを続けている。

 花が散るまでの間は夜間のライトアップを実施。桜の管理を指揮する岸輝久さんは「今週末が見頃。来週には境内のソメイヨシノも見頃になるのでは」と話す。

 3月25日(日)には同神社で第2回「さくらカフェ」が開催される。午後3時から6時30分まで。栗谷町会主催で、飲み物が振舞われる。カフェの問合せは【電話】044・955・9473。

開催日

2018年3月25日(日)

「さくらカフェ」は15時から18時30分まで

住所

神奈川県川崎市多摩区 須賀神社

関連記事

人気記事