樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

かながわ名木百選選定、小田原市指定天然記念物である長興山紹太寺境内に咲くしだれ桜。樹齢340年、小田原のまちを長きに渡り見守り続けてきました。2018年は3月27日に満開を迎えました。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

高さ13m、株元周囲4.7mの大木。満開時には、滝のように垂れ下がった見事な花を咲かせます。見ごろは3月下旬から4月上旬頃。神奈川県下比類のない名木として、小田原市内外から多くの花見客が訪れます。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

圧倒的な存在感が漂うしだれ桜。色々な角度から眺めると、様々な表情が楽しめます。

撮影スポットは坂の上から

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

どこから撮っても絵になりますが、中でも、境内後方にある坂の上から見下ろす景色はおすすめ。里山の中に凛と佇むしだれ桜の姿は、長興山紹太寺ならではの春の景色です。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

お花見カフェも

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

桜の目の前には、茶屋があり、桜を眺めながらゆったりお花見ができます。週末は大勢の人々で賑います。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

お茶屋では、よもぎあんこ団子や揚げだんご。さくらアイスクリームも楽しめます。

入生田駅から20分の散策

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

宮沢川「長興山橋」

箱根登山線「入生田駅」から徒歩5分ほどで長興山紹太寺に到着しますが、そこからさらに歩くので、合計で徒歩20分ほどかかります。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

長興山橋から少し上ると、手作りの案内板が目に入ります。

樹齢340年、滝のように咲き乱れる小田原・長興山しだれ桜

さらに道の途中にコース案内も登場。ここまで来ると、あともう一息!しだれ桜の絶景が待っています。

住所

神奈川県小田原市長興山紹太寺

箱根登山線「入生田駅」徒歩約20分
駐車場:なし(開花期間中は車両乗入れ禁止)

人気記事

注目