【インタビュー】父の教えで社業発展 グリーンフーズあつみ社長の渥美和幸さん(川崎区)

【インタビュー】父の教えで社業発展 グリーンフーズあつみ社長の渥美和幸さん(川崎区)

渥美さんと父親の幸治朗さん

川崎区桜本商店街の青果店「グリーンフーズあつみ」代表取締役の渥美和幸さんは、今は亡き父親の幸治朗さんが「商売の師匠」といい、今でも店奥の事務所には父親の写真を飾っています。

父親の背中に学ぶ

渥美さんは20歳でこの世界に入りました。商売のイロハである近江商人の「三方よし」の精神やお客様ニーズのとらえ方を父親の背中から学びました。

幸治朗さんが生前、口癖だったのが「一つのものを売ってナンバーワンのお店になる」。実際「日本一のみかんの店」を目指し実践する姿を見てきました。常に父親から温かく見守られてきたとも。騙された時にも「いい経験。授業料だと思え」といわれたことは、強く心に残っているそうです。

「おつけもの『慶』kei」

渥美さんは15年前、白菜と腕利きのキムチづくり職人を手掛かりに、キムチ店「おつけもの『慶』kei」を立ち上げました。今や行列のできる店として知られるようになりました。

渥美さんは「父の教えがあるからこそ、今がある」と話します。今年、渥美さんの甥が入社しました。先代の教えを伝えていきたいとも語っています。

家族3世代特集TOPに戻る

関連記事

人気記事

注目