全国から117ブースが出展!「多摩くらふとフェア」@多摩中央公園

このイベントは開催・申込を終了しました

全国から117ブースが出展!「多摩くらふとフェア」@多摩中央公園

 市民ボランティアによる手作りイベント「多摩くらふとフェア」が10月7日(日)・8日(祝)、午前10時から午後5時(8日は3時)まで、多摩中央公園で開催される。入場無料。

 大量生産品が溢れる今の時代に、「モノづくり」の大切や、「モノの価値」を多摩から伝えようと、市民有志のボランティアで企画、運営されているイベント。今回で12回目を迎える。

 毎年全国各地の職人たちが集まり、木工、金属加工、ガラス、陶磁器、織、皮革など、職人の技術が詰まった作品や商品が展示、販売される。また、そうした技術を間近で観ることができる実演や、実際に作品を作ることができるワークショップも行われるなど、毎年好評を博しており、昨年も2日間で約2万5千人が会場を訪れた。

 今年も全国から各分野の職人が集まり、117ブースが出展される予定。実行委員長を務める久保則俊さんは「クラフトマンのパフォーマンスを間近でご覧いただき、ぜひ自分だけの宝物を探しにお越しください」と呼び掛けている。

 詳細、問い合わせは、HP「多摩くらふとフェア」で検索、確認を。

開催日

2018年10月7日(日)~2018年10月8日(月)

10時から17時
8日は15時まで

住所

東京都多摩市落合2-35

問い合わせ

多摩くらふとフェア実行委員会

人気記事

注目