小田原城天守閣・特別展「小田原開府五百年 北条氏綱から続くあゆみ」

小田原城天守閣・特別展「小田原開府五百年 北条氏綱から続くあゆみ」

 小田原城天守閣で特別展「小田原開府五百年 北条氏綱から続くあゆみ」が開催されている。
 2018年は、小田原北条氏の初代伊勢宗瑞(北条早雲)が2代氏綱に家督を譲り、小田原が小田原北条氏の本拠となったとされる1518年から500年目にあたる。
 館内では、北条氏が伊勢を名乗った最後の資料「大永三年銘伊勢氏綱社殿造営棟札」(箱根神社蔵)をはじめ、歴代藩主の肖像画、小田原城下の発掘調査で出土した壺や食器、城絵図「相州小田原古絵図」ほかを見ることができる。
 入館料一般500円、小中学生200円。開場時間午前9時〜午後5時。会期12月24日(月)まで。問い合わせは小田原城総合管理事務所【電話】0465・23・1373へ。

開催日

2018年10月27日(土)~2018年12月24日(月)

*会期中は12月12日(水)のみ休館

住所

神奈川県小田原市小田原城天守閣

費用

500円
小中学生200円

問い合わせ

小田原城天守閣

電話

0465-23-1373

0465-23-1373

人気記事

注目