小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

シコシコと、しっかりとした至極の弾力と、噛むごとに広がる濃厚な魚の旨み・・・。

なるほど!小田原かまぼこ発祥の店」と言われ続けたいと、今日もモノづくりに本気で向き合う「鱗吉(うろこき)」の心意気をお届けします。

創業237年、小田原かまぼこの「元祖」

小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

天明元年(1781年)に創業した鱗吉は、小田原かまぼこの「元祖」のお店。戦国時代に関東一円を治めた北条家の家紋「三つ鱗」を受け継ぐ、唯一のかまぼこ屋さんです。

原料に大きく費用を投じているため、市場やスーパーに卸すことなく店頭と自社サイトのみで販売しています。かまぼこは15mmの厚さに切ると、美味しさがさらに増すのだとか。

  • 小田原かまぼこ 特上紅白 3,850円(税込)

一番人気は伊達巻

小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

きめが細かく重量感のある、鱗吉の伊達巻。厳選されたグチのすり身でつくった、お魚の旨みが口いっぱいに広がる逸品です。2018年、農林水産大臣賞を受賞しました。

クリームチーズが入った「チーズ伊達巻」は、まるでスイーツのよう。リピーターが多い、知る人ぞ知る鱗吉の名物です。

  • 伊達巻(小) 1,348円(税込)
  • チーズ伊達巻 1,140円(税込)

食べ歩きにこんがり「じねんじょ棒」

小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

みんな大好き!じねんじょ棒

並んでも食べたい!「じねんじょ棒」は、自然薯と上質な魚のすり身が織りなすふわっとした食感に、ピリッと効いた黒胡椒の味わいが愛されています。

こんがり炙ったアツアツのじねんじょ棒やいわし揚、枝豆入りのてどり揚は、食べ歩きにぴったりです。

  • じねんじょ棒 450円(税込)
  • いわし揚 220円(税込)
  • てどり揚 200円(税込)

神奈川全13蔵のお酒が勢ぞろい。熱燗に小田原おでんをどうぞ

小田原かまぼこ発祥のお店「鱗吉(うろこき)」で、食べ歩きとお酒も楽しむ

囲炉裏でお燗酒、小田原おでんは梅みそをつけていただくのが通

1月からは店内ではゆっくりとお酒も楽しめます。

寒い季節は熱燗にするのがおすすめ。温度によって旨みや香りがふくらむので、好みの温度を探してみるのも楽しいですね。

いろいろな銘柄を試したい方は、「利き酒セット」を注文すると良いでしょう。銘柄を3つ選べて、板わさもついています。昼間から心置きなく一杯どうぞ。

  • 小田原おでん 780円(税込)
  • 板わさと3種のお酒 利き酒セット 1,700円~(税込)

食べ歩きに日本酒まで、小田原かまぼこを思いっきり楽しめる「鱗吉」。小田原駅から海に向かって歩くこと十数分、足をのばしてみる価値ありです。

小田原お正月特集ページに戻る

住所

神奈川県小田原市本町3-7-17

かまぼこ通り

問い合わせ

鱗吉

電話

0465-22-1315

0465-22-1315

営業時間:9時~17時
定休日:1月1日

人気記事

注目