横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

グルメフロア「横浜駅東口POST STREET」イメージ

(追記)3月15日オープン!全館レポートはこちら

複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」が横浜駅東口に2月1日竣工、春にオープンする。東口の商業振興団体からはこのビル開設による賑わい創出を期待する声があがっている。

横浜中央郵便局別館を改修 横浜駅みなみ通路直通に

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

アソビルは地上4階、地下1階建てで施設面積は約1万1900平方メートル。もともと集配などの機能を有していた横浜中央郵便局の別館を改修した。1階のグルメフロア「横浜駅東口POST STREET」には、「崎陽軒」や「せんざん」をはじめとした18の飲食店が入り、横浜駅みなみ通路から東口市街地への通り道としても活用される予定だ。

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

常設体験イベントフロア「ALE-BOX」イメージ

2階の常設体験イベントフロアでは、最新VR体験コンテンツや、脱出ゲーム、体験型展示などを楽しむことができる。体験できるものは定期的に入れ替わるという。

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

「MONOTORY」では20ジャンル200種類以上のワークショップを開催予定

3階は国内最大級のハンドメイド体験フロア「MONOTORY」、4階は屋内キッズパーク、B1階には日本屈指のバーテンダー監修のカクテルなどが楽しめるバーラウンジ、屋上階には貸切利用ができるスポーツコートなども入る。

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」2月1日竣工、春オープン

マルチスポーツコート イメージ

横浜駅東口の地域活性に

郵便局周辺を含む横浜駅東口エリアは「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」を進めるための指針となる横浜市の計画「エキサイトよこはま22」の中で、開発想定エリアに位置付けられている。開発計画の工事着手までの間、日本郵政(株)が(株)アカツキライブエンターテインメント=東京都品川区=に貸し出し、暫定活用といった形でアソビルを運営していく。アカツキライブエンターテインメントはモバイルゲーム事業などを柱としてエンターテインメント事業を展開しており、今回のように一棟丸ごとのビルの運営は初めて。

アカツキライブエンターテインメントの担当者は「まるごと一棟遊べるビルになっているので様々な年代の人に楽しんでもらえれば」と話す。

東口地域の発展振興のため活動している横浜駅東口振興協議会の落合雄総務委員長は「新たな魅力の創出につながる。アソビルに集う新たなお客様の賑わいが活気をさらに押し上げ、共に発展していくことを期待しています」と話した。

住所

神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル

ホームページ

https://asobuild.com/

人気記事

注目