役立つ情報をわかりやすく「認知症はじめて教室」

このイベントは開催・申込を終了しました

役立つ情報をわかりやすく「認知症はじめて教室」

 「最近もの忘れが気になる」「認知症の診断を受けたけど、この後何が必要?」「認知症の家族を介護しているけど、他の介護者はどうしているんだろう」―。そうした認知症にまつわる話を聞くことができる「認知症はじめて教室」が1月16日(水)、2月28日(木)、3月14日(木)の3回、二幸産業・NSP健幸福祉プラザ7階研修室(総合福祉センター・南野3の15の1)で開催される。各日午後1時30分〜3時。参加無料。

 主催するのは、社会医療法人河北医療財団多摩事業部「天本病院」地域認知症支援センター。本人や家族、支援者、地域住民など認知症にかかわるすべての人たちを対象に開かれる同教室。認知症とその支援についての基礎知識について話を聞くことができる。

 1月16日は「医療」をテーマに、認知症サポート医の天本宏氏がその種類や症状、治療などについて解説。2月28日は「ケア」について、同病院の認知症看護認定看護師が当事者の気持ちや対応などを説明。3月14日は「サービスの活用方法」をテーマに、多摩センター地域包括支援センターの社会福祉士らが支援の相談先、地域にあるサービスや活用できる制度などを解説してくれる。各回とも講座終了後には、認知症予防体操も行う予定。

 参加希望者は直接会場へ。1回だけの参加も可。問い合わせは、同センター【電話】042・310・0376へ。

開催日

2019年1月16日(水)

2019年2月28日(木)

2019年3月14日(木)

住所

東京都多摩市南野3-15-1

問い合わせ

天本病院・地域認知症支援センター

電話

042-310-0376

042-310-0376

人気記事

注目