芥川賞作家・八木義徳展「世界の果てで生き延びろ」@町田市民文学館ことばらんど

このイベントは開催・申込を終了しました

芥川賞作家・八木義徳展「世界の果てで生き延びろ」@町田市民文学館ことばらんど

町田市民文学館ことばらんど(原町田4の16の17)で1月19日(土)から3月17日(日)まで、没後20年となる芥川賞作家・八木義徳の展覧会が開催される。

八木は1969年に山崎団地に転居してから、亡くなるまでの30年間町田で過ごした。晩年は数々の賞を受賞したが、その半生は苦難に満ちていた。出生への負い目や自殺未遂など人生の危機に陥ったとき、文学を通じてその困難を作品へと昇華させた。

同展では八木の激動の半生とそこから生まれた作品を、同館学芸員が入手した自筆原稿や日記など約200点の資料で紹介する。

観覧無料。午前10時〜午後5時。月曜日と2月14日(木)、3月14日(木)は休館(2月11日(月)は開館)。(問)同館【電話】042・739・3420

レアリア町田ページはこちら

開催日

2019年1月19日(土)~2019年3月17日(日)

住所

東京都町田市原町田4-16-17

問い合わせ

町田市民文学館ことばらんど

電話

042-739-3420

042-739-3420

人気記事

注目