初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

お好み焼まるう

3月15日~24日、相模原市内で初開催

相模大野・女子大通り商工振興会(河内文雄会長)は、相模原市内初の試みとなる「相模大野カレーフェスティバル2019」を3月15日(金)~24日(日)に開催します。女子大通り商店街、銀座通り商店街を中心に30店舗が参加。地元のイベント「もんじぇ祭り」や「ちょい呑みフェスティバル」に次ぐ食の祭典として期待が高まっています。

国民食であるカレーによる地域活性化をめざすフェスティバルは、近年全国的な広がりをみせており、県内でもカレーの街として知られる横須賀をはじめ、各地で開催されています。専門店はもちろん、普段はカレーを扱わない飲食店も独自のメニューを振る舞うのが特徴。

地元30店舗が「カレーなる」競演

初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

制作中のパンフレットを手にする河内文雄会長

相模大野で中国料理店を営む河内さんは都内の「下北沢カレーフェスティバル」に数年前から通い、その活況を目の当たりに。「路地裏の店舗にも人が集まり、フェスをきっかけに集客が伸びたそうです」と河内さん。自身が会長を務める女子大通り商工振興会のお店を巡ってもらうため、イベントの開催を思い立ちました。

初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

焼肉八起

その後、銀座通りなど他エリアの飲食店も巻き込み、合計30店舗に。今年1月末に説明会を行い、現在駆け足で準備を進めています。記念すべき第1回は女子大通りの14店舗、銀座通りの12店舗、他4店舗での開催。カレーパンやカレーおにぎりなど、各店舗が様々なオリジナルカレー料理を提供。持ち帰り可能な店舗もあります。

初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

naruco café

スタンプラリーでカレー食べ歩き

期間中は、参加店舗で入手できるパンフレットを台紙としたスタンプラリーを開催。カレーはそれぞれレギュラーサイズ、ハーフサイズが用意されるので、1日で複数店舗を回ることも。1店舗でたまるスタンプは1つ。最低3個から最高15個まで、スタンプ数に応じてテーマパークのチケットや旅行券など、賞品の抽選に応募できます。

初開催「相模大野カレーフェスティバル2019」30店舗でスタンプラリー企画も

【参加店舗一覧】
波の香り、naruco café、うどん処らんまん、アニタ、すごいっ手羽、Le lapin vert、ベーカリーヒムカ、吉凛、Le Petit Orme、昌龍飯店、がんや、あさのや、Cave de Azumaya、丸十ムラタパン、焼肉八起、サカズキ屋、Fagotto、ちゃくら、魚炉魚炉、Oasi、HIRA、お好み焼まるう、とうがらし、café tsumuri、蕎麦切り ほしの、モコのキッチン、お好み焼じゅげむ、インドの恵み、ソイガパオ、Klass

開催日

2019年3月15日(金)~2019年3月24日(日)

住所

神奈川県相模原市南区相模大野6

※周辺30店舗で開催

メールアドレス

curryfes@jyoshidai.com

備考

問合せはメールで受付
※記事にあるカレーの写真は各店で出品予定のメニュー(変更になる場合があります)。

ホームページ

http://jyoshidai.com/

人気記事

注目