歌丸さん愛用品を展示 17日から、着物や釣り竿など@横浜橋通商店街

シェアする

このイベントは終了しました。

商店街に設けられた記帳所

昨年7月に亡くなった南区真金町出身の落語家・桂歌丸さんが愛用していた着物や釣り竿などの展示が7月17日から19日まで横浜橋通商店街(高橋一成理事長)で行われる。歌丸さんをしのぶ追善企画として、自宅にあった愛用品を家族から借りるなどして公開する。商店街側は「横浜橋に人を呼んでくれる歌丸さんに感謝したい。『普段着の歌丸さん』を見てほしい」という。

死去1年で追善企画

歌丸さんは同商店街近くの真金町で生まれ、亡くなるまで暮らしていた。生前、商店街にあるそば店や理髪店、喫茶店によく立ち寄り、商店街の「名誉顧問」として、イベントにも度々参加するなど、深い関係にあった。

 生前から親交があった商店街の高橋理事長が歌丸さんの家族から、日用品などが自宅に数多くあることを聞き、一部を譲り受けた。死去から1年が経過しても歌丸さんをしのぶ声が多いことから、家族の了解を得て、思い出の品の展示を決めた。

 高橋理事長によると、展示されるのは高座で使用した着物や扇子、手ぬぐい、ネタ帳など。スーツやワイシャツといった日常に着ていたものも公開される。スーツの内ポケットには「歌丸」と刺しゅうがされているという。また、釣りが趣味だった歌丸さんの愛用の和竿も披露される。高橋理事長は「歌丸さんの愛用品が公開されるのは初めてではないか」という。

「永久名誉顧問」

死去から1年が経過した7月2日から4日まで、商店街内には記帳所が設けられ、多くの人が歌丸さんをしのんだ。亡くなってから「永久名誉顧問」に”昇格”した歌丸さん。同商店街には、6月28日から、歌丸さんのイラストが入った熱中症予防を呼び掛ける大型幕が掲げられるなど、今でも愛着のあった地元に貢献している。高橋理事長は「生前から横浜橋の名を全国に広めていただき、感謝している。『普段着の歌丸師匠』を見てほしい」と話す。

 展示は商店街事務所内で17日から19日の午前9時から午後5時まで。問い合わせは同商店街事務所【電話】045・231・0286。

開催日

2019年7月17日(水)~2019年7月19日(金)
9時~17時

住所

神奈川県横浜市南区 横浜橋通商店街

問い合わせ

商店街事務所

電話

045-231-0286

045-231-0286

公開日:2019-07-10