「原三溪の美術 伝説の大コレクション」4視点で観る横浜の一大実業家@横浜美術館

このイベントは開催・申込を終了しました

「原三溪の美術 伝説の大コレクション」4視点で観る横浜の一大実業家@横浜美術館

三溪が愛した作品や描いた作品が並ぶ

「原三溪の美術 伝説の大コレクション」がこのほど、横浜美術館(逢坂恵理子館長)で始まった。主催は同館と日本経済新聞社。同館開館30周年と三溪の生誕150年、没後80年を記念したもので、逢坂館長は「三溪を主題にした企画展は念願だった。様々な側面を持つ彼の姿をお楽しみください」と呼びかける。9月1日まで。

原三溪(1868年〜1939年)は、横浜において生糸貿易や製糸業などで巨大な富を得た実業家。三溪園=中区本牧三之谷=は、三溪がつくり出した最大の作品だ。

30件以上の名品

同展では、文化人である三溪を「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」の4つの側面に焦点を当て、プロローグから第5章まで4つの展示室で展開する。三溪が、大蔵大臣などを務めた井上馨から1万円という当時では破格の値段で買い取ったことで有名な国宝『孔雀明王像』をはじめ、全国から三溪にゆかりある作品を集め、国宝や重要文化財に指定される名品が30件以上あるほか、原家の協力により三溪旧蔵の美術品や茶道具約150件が揃っている(一部展示期間が限定される作品もある)。観覧料(税込)は一般1600円、大学・高校生1200円、中学生600円となる。

自ら漢詩、絵画も

三溪は美濃国(現在の岐阜市)で庄屋を務める青木家の長男として誕生。17歳で上京し東京専門学校(現在の早稲田大学)で政治と法律を学ぶ。23歳のとき、生糸業で財を成した横浜の実業家原善三郎の孫娘である安(やす)と結婚したことで、横浜に拠点を移し、原家の家業を継いだ。

生糸の事業拡大に取り組む傍ら、家業を継いだ3年後には、三溪園内に私邸を建て造園に着手。そこで、美術品の収集や作家の支援、茶を通じた文化人たちと交わりを楽しんだほか、自らも漢詩をよみ、絵画を描いた。

記録をたよりに

各展示室には、三溪が収集した作品のほかに、1893年から1929年までの37年間にわたる美術品の売買実績を記した全5冊の「買入覚」をはじめ、自筆で作品を記録した資料群が収められている。

内山淳子主任学芸員は「展示構成を考えるときに、三溪を読み解く資料として参考になるものでした」と解説する。

展示期間中は、同展の観賞券を提示すると美術館、三溪園が相互割引になる。柏木智雄副館長は「古建築の三溪園と同展の作品を双方に見ることで、三溪の世界を楽しんでほしい」と話す。

 問い合わせは横浜美術館【電話】045・221・0300へ。

開催日

2019年7月13日(土)~2019年9月1日(日)

10時〜18時 ※入館は17時30分まで
毎週金曜・土曜は20時まで開館 ※入館は19時30分まで

休館日:木曜日

住所

神奈川県横浜市横浜美術館

電車:
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。

バス:
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

問い合わせ

横浜美術館

電話

045-221-0300

045-221-0300

関連記事

人気記事

注目