「多摩ニュータウン トイレたんけん隊」@パルテノン多摩歴史ミュージアム

「多摩ニュータウン トイレたんけん隊」@パルテノン多摩歴史ミュージアム

企画を担当した仙仁さんと、自ら描いたキャラクター

 パルテノン多摩2階歴史ミュージアムの企画コーナーで現在、「多摩ニュータウントイレたんけん隊」の展示が行われている。午前10時〜午後6時。入場無料。

 多摩市をはじめ、稲城市、八王子市、町田市にまたがる多摩ニュータウン。今回は、その多摩ニュータウンの公園トイレにまつわる調査結果を展示するという一風変わった企画だ。

 企画を担当した(公財)多摩市文化振興財団の学芸員・仙仁(せんに)径(けい)さんは、普段主に動植物の研究を行っており「植物観察会でいくつもの公園を訪れている中で、いろいろなトイレがあって公園の特徴になっているなと思った」と調査の動機を語る。重ねて「多摩中央公園で多摩市立図書館の建設が進められるため、公園のトイレが撤去される可能性があり、記録に残しておきたかった」とも話す。そこで、子どもたちの夏休みの自由研究の一助にと、この期間に展示することが決まった。

独自キャラクター物語調で紹介

「ベンは多摩ニュータウンにトイレの黄金郷(エル・ドラド)を見た…」─。今回の展示は「Mr.ベンと巡るトイレとうんちの時空旅行」と題して、仙仁さんが今回初めて書き起こしたキャラクターのアメリカ出身のMr.ベンが、多摩ニュータウンの公園トイレの調査で来日したというストーリー仕立て。多摩ニュータウンの公園トイレの数が圧倒的に多いという事実、全公園トイレの写真、大阪の千里ニュータウンや他自治体との比較、昔のトイレ事情など、様々な調査結果や資料と共に、独自の考察などが展示され、多摩ニュータウン内のトイレ総選挙の投票も行われている。

 展示期間は11月11日(月)まで。10月には、実際に歩いて回る「トイレさんぽ」や、寸劇による「シアター公演」も予定されている。詳細は、パルテノン多摩HPで確認を。

 問い合わせはパルテノン多摩【電話】042・375・1414へ。

開催日

2019年7月19日(金)~2019年11月11日(月)

10時~18時

住所

東京都多摩市落合2-35

費用

入場無料

問い合わせ

パルテノン多摩

電話

042-375-1414

042-375-1414

関連記事

人気記事

注目