チャリティープログラム「みんなのハカ」参加費は病児やパラスポーツ団体へ【横浜市青葉区】

シェアする

このイベントは終了しました。

 ラグビーのニュージーランド代表が試合前に行う戦いの舞「ハカ」に挑戦できるチャリティープログラム「みんなのハカ」が9月1日(日)、日本体育大学健志台キャンパスで行われる。主催は、区内の商店主有志で立ち上げた架空のチーム「青葉ブルーリーブス」=写真。ラグビーW杯を盛り上げるために本気でハカに挑戦し、動画をネットで公開。大きな反響を呼んだ。

 当日は、ハカの中で最も有名な「カマテ」に挑戦。メンバーがやさしく、本気で指導してくれる。参加費は1人500円(小学生以下無料、保護者同伴)。企業、団体の参加も歓迎。収益金は病と闘う県内の子どもたちや、パラスポーツ団体等に寄付される。また、会場ではチームの青Tシャツを1枚1500円で数量限定販売。製作費を除いた売上も寄付される。

 午後1時集合。要事前申し込み。服装は青いTシャツとスニーカーで(黒Tシャツ不可)。参加者には9月22日に三ツ沢公園陸上競技場で行われる女子サッカー日体大フィールズ横浜のホーム観戦チケットを進呈。

 申込み等、詳細はチーム公式サイト【URL】https://aobablueleaves.wordpress.com/で。

開催日

2019年9月1日(日)

住所

神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1日本体育大学健志台キャンパスラグビー場

費用

500円
小学生以下無料

問い合わせ

ブルーリーブス

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2019-08-22

関連タグ