水彩画家 矢野元晴さんの出版記念 「平成鎌倉の記憶」原画展9月30日まで

このイベントは開催・申込を終了しました

水彩画家 矢野元晴さんの出版記念 「平成鎌倉の記憶」原画展9月30日まで

独特なタッチで描いた長谷寺の作品を紹介する矢野さん

浄明寺在住の水彩画家・矢野元晴さん(30)=人物風土記で紹介=の画集「平成鎌倉の記憶」がこのほど、歴史探訪社から出版された。それを記念した原画展が9月30日(月)まで、小町通り沿いにある災害復興支援広場リバスク(雪ノ下1の5の33)で開かれている。午前10時30分から午後5時まで。入場無料。

水彩印象画法と呼ばれる技法を用いて、ドラマチックな絵を1時間ほどで描き上げる矢野さん。昨年8月、小町に「鎌倉水彩画塾」を開設し、現在は約170人の塾生を指導している。

今回出版された画集のテーマは「平成の鎌倉」。鎌倉出身の矢野さんが、幼い頃から目にしてきた鎌倉駅や小町通り、材木座海岸などの風景を色鮮やかに描いた72作品をまとめた一冊となっている。

原画展ではそのうち40作品を展示。初日の14日には塾生のほか、鎌倉の著名人などが会場を訪れ、作品に見入っていた。

 矢野さんは「鎌倉の雰囲気、文化の香りを感じてほしい」と話している。

書籍は税別2000円で、全国の書店で販売。(問)矢野さん【携帯電話】080・6578・9290へ。

開催日

2019年9月14日(土)~2019年9月30日(月)

午前10時30分から午後5時まで

住所

神奈川県鎌倉市雪ノ下1の5の33

費用

入場無料

問い合わせ

矢野元晴さん

電話

080-6678-9290

080-6678-9290

注目