平塚市美術館で「秋野不矩(あきのふく)展」インドの情景など50点展示

平塚市美術館で「秋野不矩(あきのふく)展」インドの情景など50点展示

秋野不矩 《朝の祈り》 1987年浜松市秋野不矩美術館蔵

平塚市美術館(西八幡1の3の3)は、10月5日から12月1日までの会期で企画展「秋野不矩展」を開催する。同展は女性画家として現代日本画をリードした秋野不矩の回顧展で、県内では11年ぶり。会期中は、「朝の祈り」(浜松市秋野不矩美術館蔵)など50点が展示される。

 秋野不矩(1908年―2001年)は、静岡県浜松市生まれ。若い頃から官展へ人物画を出品し、1948年に日本画の革新を目指す美術団体「創造美術」(現・創画会)の結成に参加。1962年に現・タゴール国際大学の日本画客員教授としてインドに渡り、生涯で14回同国を訪問。現地で受けた印象を作品に落とし込み、インド特有の強烈な日差しや雨季に一変する川の様子、力強く生きる人々を、伝統的な岩絵の具の技法で描いた。

 モダンで斬新な構成で近代画家として高い評価を受け、毎日芸術賞(1986年)や日本芸術大賞(1993年)、文化勲章(1999年)を受賞。絵本原画も精力的に制作している。

関連イベント

 会期中は3つの関連事業が実施される。詳細は次の通り。

  • 講演会「秋野不矩を語る」11月2日(土)午後2時〜3時。申し込み不要。
  • ワークショップ「インドのろうけつ染め・バティックを体験しよう」11月23日(祝)午前10時〜正午。申し込み制(詳細は同館HP)
  • ギャラリートーク/10月5・19日、11月16・30日各日午後2時〜2時40分。申し込み不要、要観覧券。

 開館は午前9時30分〜午後5時(最終入場4時30分)。観覧料は一般800円、高大生500円、65歳以上の市民と小中学生は無料。月曜休館(祝日の場合は翌火曜)。

 問い合わせは【電話】0463・35・2111へ。

開催日

2019年10月5日(土)~2019年12月1日(日)

ギャラリートーク10月5日・19日、11月16・30日
各日午後2時~2時40分。申込み不要・要観覧券

2019年11月2日(土)

講演会「秋野不矩を語る」14時~15時(申込み不要・要観覧券)

2019年11月23日(土)

ワークショップ「インドのろうけつ染め・バティックを体験しよう」10時~12時
申し込み制(詳細は同館HP)

住所

神奈川県平塚市平塚市美術館

開館時間:午前9時30分~午後5時(最終入場4時30分)
月曜休館(祝日の場合は翌火曜)

費用

観覧料:一般800円、高大生500円、65歳以上の市民と小中学生は無料。

電話

0463-35-2111

0463-35-2111

関連記事

人気記事

注目