【2021年は特別開放中止】大磯港の西防波堤遊歩道

シェアする

このイベントは終了しました。

灯台から日の出を拝む

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大磯町は毎年1月1日の未明に実施してきた大磯港西防波堤遊歩道の特別開放を中止すると発表した。黒岩祐治県知事による「年末年始は、人との接触機会を減らすことを意識しながら過ごしてほしい」という12月15日の声明を受けて決定した。

 西防波堤遊歩道は大磯港のデザイン灯台まで続く通路で、時間外は防犯のため閉鎖されている。例年元日に限り、初日の出を拝みたい人のために通常より2時間早く開放していた。担当の町産業観光課は「第3波といわれる感染拡大が続く中で、不特定多数の人が詰めかけて感染リスクを高めることは避けたい。ご理解とご協力をお願いします」と話している。

※以下は2020年の記事

 元旦に大磯港で初日の出を楽しんでもらおうと、大磯港西防波堤遊歩道が2020年1月1日(水・祝)に限り、通常より2時間早い午前6時30分から開放される。

 同遊歩道は大磯港のデザイン灯台まで続く通路で、時間外は安全のため閉鎖されている。灯台付近では視界いっぱいに広がる大海原の水平線から徐々に顔を出す太陽と水面の輝きを楽しむことができる。また西側の天気が良ければ、日が昇る直前にピンク色に染まる富士山の姿を見ることもできる。

灯台の遠景

 JR大磯駅から徒歩15分ほど。自動車で来場する場合は大磯港の県営駐車場(有料)に駐車して、道路上など近隣の駐車は不可。なお当日の気象条件により、遊歩道の開放をしない場合もある。

 問い合わせは大磯港港湾管理事務所【電話】︎0463・61・5719へ。

開催日

2021年1月1日(金)

住所

神奈川県中郡大磯町大磯1398−6

問い合わせ

大磯港港湾管理事務所

電話

0463-61-5719

0463-61-5719

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-12-25

関連タグ