大磯町で生涯を閉じた新島襄を偲ぶ 没後130周年講演とコンサートは1月23日  

シェアする

このイベントは終了しました。

新島襄(同志社提供)

大磯で生涯を閉じた明治時代の教育家・新島襄(1843〜90年)の遺徳を偲ぶ碑前祭が、命日にあたる1月23日(木)に同町内にある終焉之地碑庭園で行われる。新島永眠から130周年に当たる今年は、一般も入場できる講演会やコンサートが聖ステパノ学園の海の見えるホールで開催される。入場無料。

新島襄の足跡

 同志社大学の設立にむけ奔走していた新島は志半ばで病に倒れ、明治22(1889)年12月28日から大磯海岸に近い百足屋(むかでや)旅館の別館・愛松園で療養生活を始めた。しかし病は回復せず、翌年1月23日に46歳の若さで他界。最期を看取った妻・八重に残した言葉は「狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん」だったという。終焉之地碑は昭和15(1940)年に新島の門下生らにより旧百足屋の敷地内に建てられた。碑文は、愛弟子だった徳富蘇峰が揮毫した。

碑前祭

終焉之地碑

 碑前祭は学校法人同志社の主催で毎年開催。同大卒業生や関係者、大磯町民らが参列し、午後2時20分から碑前に黙とうや讃美歌、詩吟などを捧げ、献花を行う。会場は、国道1号線「照ヶ崎海岸入口」交差点そば。

講演会とコンサート

 海の見えるホールで催される講演会とコンサートは午後3時15分からスタート。「新島の悲願、新島の情熱」をテーマに同法人の八田英二総長・理事長が講演し、4時5分から同大卒業生のシンガーソングライター・伊藤誠氏が出演するコンサートが開かれる。

事前申し込み不要で、先着200人。同法人では「地元の皆様のおかげもあり今年も碑前祭を開くことができる。新島永眠から130周年の節目を迎え、あらためて皆様と共に新島の功績を振り返りたい。ぜひ多くの方にご参加頂ければ」と話す。

問い合わせは法人事務室の村井さん【電話】075・251・3006へ。

開催日

2020年1月23日(木)
14:20~ 碑前に黙とう・献花
15:15~ 講演会とコンサート (海の見えるホール)

住所

神奈川県中郡大磯町大磯1104 新島襄終焉之地碑庭園

問い合わせ

学校法人同志社 法人事務部法人事務室 担当:村井さん

電話

075-251-3006

075-251-3006

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-01-19

関連タグ