《要事前申込》元宝塚トップスターの古城都さんが初チャリティー公演 【2月16日】都筑区

シェアする

このイベントは終了しました。

公演チラシを手にする古城さん

元宝塚トップスターによるチャリティー公演

100年以上の歴史がある宝塚歌劇団の月組・元トップスターの古城都さんが2月16日(日)、都筑区内では初となるチャリティー公演を都筑公会堂(茅ケ崎中央)で開催する。古城さんは「宝塚のカラーや雰囲気を一人でも多くの人に見てほしい」と意気込みを語る。

 横浜市在住の古城さんは、宝塚歌劇団100周年を記念して、同劇団の発展に貢献した『宝塚歌劇の殿堂』の100人の一人にも選ばれている。同劇団でトップスターとしての公演回数は58回と、長きに渡り演劇界で活躍してきた。

 現在は横浜ビー・コルセアーズの本拠地、センター北駅前のビーコルセンター内のスタジオで「美と健康プログラム」の講師を務めるなど、都筑区ともゆかりがある。

ベルばら作者の池田理代子さんも出演

 当日は古城さんに加え、CMやTVドラマの挿入歌を担当する声楽家、村田孝高さんや『ベルサイユのばら』原作者でソプラノ歌手として活動する池田理代子さんも舞台に立つ。また、宝塚歌劇団のOG、地元ミュージカル団体関係者も参加予定。

 プログラムは第1部がミュージカルでオペラ座の怪人やサウンド・オブ・ミュージック、アニーを披露する。第2部はショウでベルサイユのばら、ウエスト・サイド・ストーリーなど。そのほか、歌やダンス、バレエ、タップダンスなど多彩な演目を予定。

チケットの申込み問い合わせはFAXまたはメールで

 公演は午後2時半開場で、3時開演。チケットは大人4500円、ペア8000円。チケットの申し込みや問い合わせは【FAX】045・895・6730もしくは【メール】info@doors-corp.co.jpへ。「今まで経験してきたことを都筑で表現したい。皆と一緒に文化を楽しみたい」と古城さん

開催日

2020年2月16日(日)
午後2時半開場、3時開演

住所

神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-1都筑区総合庁舎内

費用

大人4,500円 ペア8,000円

メールアドレス

info@doors-corp.co.jp

公開日:2020-02-04

関連タグ