防災カフェ「台風19号、そのとき茅ヶ崎は?風水害から身を守るには!」

シェアする

このイベントは終了しました。

昨年10月の台風19号では、茅ヶ崎市でも避難勧告、城山ダム緊急放流、相模川氾濫危機など、身に迫る恐怖を覚えました。市内避難所の状況や治水と防災、また浸水ハザードマップの紹介を市職員が詳しくお話しします。
台風19号の被災地、福島県相馬市へボランティアに行った大学生の石井さんより、経緯・募金活動・現地の様子を報告いただきます。
最後に、激しさを増す自然災害について知るとともに、自分の身は自分で守る「自助」、また自治会や自主防災組織など地域で互いに助け合う「共助」に関する知識についてみんなで考えます。

開催日

2020年3月8日(日)
14:00~16:00

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-2-7

ちがさき市民活動サポートセンター

費用

300円(茶菓代)

問い合わせ

ちがさき市民活動サポートセンター

電話

0467-88-7546

0467-88-7546

メールアドレス

s-center@pluto.plala.or.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-02-14

関連タグ