「高津区の花スイセン」2020年3月見ごろ@川崎市の薬医門公園

「高津区の花スイセン」2020年3月見ごろ@川崎市の薬医門公園

2020年3月10日 撮影

 「溝口駅南口」の大通りを歩いて5分ほどにある久本の薬医門公園には、水仙が咲いています。

高津区民が選んだ花、水仙(スイセン)

 水仙が高津区の花だということは知っていますか?高津区によると2002年、区制30周年を記念して、区民から「区の木と花」を募集。応募のあった花の中から「すいせん」が選ばれたようです。

久本の薬医門公園とは?

「高津区の花スイセン」2020年3月見ごろ@川崎市の薬医門公園

明治43年に完成した薬医門。黒澤明監督作品「赤ひげ」療養所のモデルになった。

 久本の薬医門公園とは、医業を営んでいた岡家の土蔵、薬医門などの建造物を活用し、整備した公園です。駅の喧騒とは一転しゆったりとした時間が流れます。暫しゆるりと散歩がてらに訪れてみてはいかかでしょか。

住所

神奈川県川崎市薬医門公園

関連記事

人気記事

注目